京男のほっこりブログ

京都生まれ京都育ちの京都人があれこれ綴ります

子供が友達のメガネを壊した!どうする?

      2016/09/11

IMG_0367

小さなお子さんをお持ちの親御さんは、自分の子供がお友達のメガネを壊してしまった・・・。という事故を、経験されたことはないでしょうか?

誰しもが起こりうるこのケース、今回はどのように対処するべきなのか?お詫びの方法は?等々。同じようなお悩みを持つあなたに、アドバイスさせていただきます。

子供たちが遊びに夢中になったりすると、大人では考えもつかないような突発的な行動をしばしば起こします。飛んだり、跳ねたり、急に振り向いたり、ぶつかって来たり・・。

そのような際、故意ではなくてもメガネをかけているお友達と接触し、メガネを壊してしまうというケースが多々あります。

では、どのように対応するべきか?ステップに沿って進めていきましょう!

 

1.必ず先方のお宅に電話を入れる

この際、「うちの子は悪くないんだけど・・」とか「お宅の子供さんが勝手に・・」というような雰囲気は絶対に出さないことが大切です。ただただ「メガネが壊れてしまったようで・・」という事実だけを親身に伝えるように心がけてください。

スポンサーリンク

 

2.ケガの有無確認、体への気配り

そしてケガはなかったのか?ということを、必ず確認しましょう。そして、シッカリと先方さまのお子様の体を思いやる気持ちを心から伝えることが大切です。

 

3.今後の対応について

上記の1、2を親身に伝えれば、ほぼこの問題は解決したと同様です。おそらく先方さまも『事故のようなものだから・・』と、あなたを責めることはないでしょう。

しかし、やはりタダでは申し訳ない!と、あなたも思われるでしょう。ですので、次のように提案してみましょう。

『修理および、買い替えにかかる費用の一部を負担するので、遠慮なく伝えてください。本当にゴメンね・・・。』と。このように伝えると、ほとんどの場合は修理代などお金の請求はないことが多いです。

そして、『もう本当にいいから、気にしないで・・』と言われれば、あまりしつこく深追いしないほうが得策です。できれば当日中か数日の間に、お菓子や図書カードなどを持って上がればより完璧でしょう。

 

 

まとめ

このようなケースは仕事のクレームと同様、まずは俊敏で真摯な対応が不可欠です。相手を思う気持ちを全面に出して、がんばってください!きっと大丈夫ですよ!

スポンサーリンク

 - マナー・常識