京男のほっこりブログ

京都生まれ京都育ちの京都人があれこれ綴ります

子供の自転車デビュー!かんたんに自転車に乗れる方法は?

      2017/05/26

子供に自転車の乗り方を教えるのは、簡単なようで結構難しかった経験があります。自分ができることを、できない者に教えるというのは、案外むずかしいものなのです。

今回はお子さんに、自転車の乗り方を教える方法をお伝えしたいと思います。一日でも早く、お子さんが自転車に乗れますよう、なるべく分かり易く解説しますので、どうぞ最後までお読みください。

 

~ペダルを外す~

まずは自転車のペダルを外してください。そしてサドル(座る所)の高さを両足が地面に着くくらいに調節します。最初は自転車を漕ぐという行為は、まったく必要ありません。

 

~バランス感をつける~

スポンサーリンク

上記のように自転車をセットできれば、今度はバランス感覚を身体に覚えさせていきます。ハンドルを握り、自転車にまたがった状態で、両足で地面を力強く数回蹴り、動き出したところで、両膝を曲げて足を浮かします。停まりたくなったら両足を着いても良いですし、ブレーキを握って停まるということも試していきましょう。【地面を蹴って→足を浮かせて→バランスをとって進む】を繰り返します。

 

~漕いでみよう!~

ある程度、自転車にまたがってバランス感覚がとれるようになれば、ペダルを付けてみましょう。最初の頃はペダルの漕ぎはじめが、どうしても力が必要でバランスを崩すこともあるかもしれません。その場合は、先ほどのように少し地面を蹴って、動き始めたらスグにペダルに足を載せて漕ぐようにしましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?この方法をお知り合いの親御さんから聞いたことで、わが子も早く自転車に乗ることができました。ぜひお試しください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 - お役立ち