京男のほっこりブログ

京都生まれ京都育ちの京都人があれこれ綴ります

美容師さんに聞いた!直毛でも広がらないセットの仕方とは?

      2016/08/12

髪質は人によって様々あります。

わたしの髪質は、とても剛毛な直毛なんです・・。ですので、毎朝の寝ぐせも『バイ~~ン!!』ってなりますし、特にサイドの広がりは昔からの悩みでした。

このブログをお読みいただいている方で、わたしと同じような悩みがあるという人に向けて、今回は【美容師さんに聞いた!直毛でも広がらないセットの仕方】というテーマで書かせていただきます。

 

~乾かし方が重要!~

直毛の髪質を抑えるには、乾かす時が最も重要なポイントとなるようです。お風呂上りに濡れた髪の毛をタオルでまずは拭いていきます。この際、すべてタオルドライで乾かすのではなく、5割ぐらい湿った状態でタオルでの拭き取りはストップします。

 

~ドライヤーをあてる~

5割ぐらい乾いた状態で、ドライヤーを使用します。この当て方にも重要なコツがあります。それは熱風を下から上に向けて当てたり、適当にシャシャシャっと当ててはいけません!髪の毛の根元から毛先に向かって、上から下に髪の毛を抑え込む(頭を撫でる)ように熱風を当てていくのがポイントです。

スポンサーリンク

 

~30秒ほど抑え込む~

ある程度、髪の毛が乾いたらドライヤーを止めます。そして髪の毛に熱がこもっている間に、両手の平を使って、両サイドの髪を内側に向かって20秒~30秒ほど抑え込みます。『鉄は熱いうちに打て』と同じ原理で、熱があるうちに抑え込むのがポイントです。

 

~整髪剤でセット~

剛毛で直毛の場合は、できるならワックスやジェルなど、整髪剤を使ってセットをした方が良いとのことです。髪をセットした後に、手の平に残った整髪剤でサイドを抑えるように、上から下に向かって抑え込みましょう。

 

まとめ

如何だったでしょうか?わたしも長年、直毛による髪の毛の広がりで悩んできた者の一人です。この方法を美容師さんから教えてもらったおかげで、ずいぶん気になることが少なくなりました。

ぜひお試しください。最後までお読み頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 - お役立ち