京男のほっこりブログ

京都生まれ京都育ちの京都人があれこれ綴ります

京都のあじさい!あじさい寺といえば三室戸寺?詳しくご案内!

      2016/08/13

 

mimu

京都の宇治市にある三室戸寺(みむろとじ)は、あじさいで有名な名所となっており、通称『あじさい寺』として称されています。

あじさい寺の境内には、薄い青色や薄紫色など、綺麗な色彩のあじさいが楽しめます。その数、なんと約50種!そして10000株のあじさいが見事に咲き乱れます。

またこの三室戸寺は、季節の折々によって咲く花が違って、春にはツツジ、6月のアジサイ、夏は蓮(ハス)、秋は紅葉と・・。四季を楽しめる『花の寺』とも呼ばれています。

では今回は、あじさいで有名な三室戸寺へのアクセス方法や拝観料、拝観時間などを簡単にご紹介します。

スポンサーリンク

 

あじさい寺への行き方は?

京都の私鉄で京阪電車があります。その京阪本線に中書島(ちゅうしょじま)という駅があります。中書島駅から『京阪 宇治線』に乗り換えて、終点の宇治駅の一つ手前の駅の『三室戸駅』で下車。そこから徒歩で15分くらいとなります。

 

アクセスまとめ

京阪電車の本線に乗る

中書島で宇治線に乗り換え

三室戸駅で下車

徒歩15分です!

 

(※注意)

宇治方面には京阪電車の他に、JRや近鉄電車も走っていますが、三室戸寺にもっとも近い電車(京阪)で、ご紹介しています。

 

 

拝観料&拝観時間は?

(2016年6月現在)

 

■ 拝観料

大人500円 / 小人300円
(団体割引30名以上 大人400円)

 

■ 拝観時間

・8時30分〜16時30分 ( 4月〜10月)

・8時30分〜16時00分 (11月〜 3月)

 

■ 駐車場

乗用車 500円

スポンサーリンク

 - 観光