京男のほっこりブログ

京都生まれ京都育ちの京都人があれこれ綴ります

【厄払い】滋賀で有名な立木観音!アクセスは?厄年の時期は?まとめ

      2017/07/06

滋賀県にある厄除けで有名な立木観音(たちきかんのん)。約800段ある石段を登って本殿にお参りします。今回は立木観音への行き方や、厄年の厄払いの時期などをまとめてみます。ぜひ最後までお読みください。

 

立木観音とは?

公式サイトでは・・

1200年前、弘法大師が諸国をご修行中、不思議な霊験のお導きにより光る霊木を見つけられました。大師は自分が丁度42歳の厄年に当たっていたので、未来永劫の人々の厄難厄病を救い、諸々の願い事を叶えようと発願して、等身大の聖観世音菩薩を心願を込めて御刻みになりました。

(↑出典:公式サイトより引用)

と紹介されています。このようなことから、特に厄払い(厄除け)の願いを成就してくださる観音さまとして、古くから知られています。

 

石段でも有名な立木観音!

立木観音の本殿にお参りするには約800段ある石段を登ります。

登り口はこの大きな石碑があります。

img_0668

そして石段が続きます・・(約20分前後)

img_0671

img_0670

ようやく本殿へ!

img_0672

 

img_0674

こちらで、護摩木や絵馬に『無病息災』などの願い事を書き納めます。お守りやお札なども、こちらで購入できます。また厄除け祈願を申し込むこともできます。

詳しい祈願料金は>>立木観音 公式サイト でご確認ください。

 

厄年の時期とは?

厄年は男性と女性とでは、時期が異なります。

【男性】25才・42才・61才

【女性】19才・33才・37才

数え年で、これらの年齢にあたる歳が男女それぞれの本厄とされています。またこの本厄の前後の歳を、前厄後厄と呼ばれています。

スポンサーリンク

ですので、一般的には厄払いのお参りとしては・・

前厄→本厄→後厄→(人によっては)お礼参り

というように3年または、4年(←お礼参りをする場合。)続けて行うのがポピュラーな型式となっています。またお参りする時期は、それらの年の節分までに済ませるのが良いとされています。

 

立木観音へのアクセスは?

JR東海道本線の琵琶湖線にある「石山駅」で下車します。

img_0665

JR石山駅のバスロータリー乗り場から「大石行き」の京阪バスに乗ります。

img_0666

約25分で「立木観音前」に到着します。そこから800段の石段を登り(約20分)、本殿を目指してください!

img_0668

img_0670

【詳細は】>>立木観音 公式サイト

 

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は厄年の厄払いで有名な滋賀県にある「立木観音」をご紹介させていただきました。京都のわたしは厄年だけではなく毎年、家内安全や無病息災を願い、お参りしています。

年々石段を登るのはきつくなりますが(笑)、それらを経て空気の澄んだ本殿にお参りする価値はありますよ!ぜひご参考にされてみてください。最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク



【あわせて読まれている記事】

・石清水八幡宮で厄払い!まとめ

・八坂神社で七五三!まとめ

・大原【三千院】近くの人気のお店

・【南禅寺・永観堂】近くの人気店

・京都人が教える!桜の穴場スポット!

スポンサーリンク

 - お役立ち, 観光